ようこそ ゲスト さん (ログインはこちら

伊達六十二万石の名湯

青根温泉 湯元不忘閣

あおねおんせん ゆもとふぼうかく

〒989-0908 宮城県柴田郡川崎町青根温泉1-1

日本秘湯を守る会
不忘閣は21代続いている歴史の古い温泉宿である。先祖は、慶長年間、伊達公から「湯別当」の高禄をもらい、代々藩主の保養所守りの役と、関守りを兼ねていたらしい。ここには、伊達公ゆかりの遺品が三つの蔵にいっぱいしまってある。御殿の間で見る文化財は虫ぼしをかねた一部分であるとか……。 代々の習わしで21代目仁右衛門を襲名する佐藤さんは、「観光俗化の嵐にもめげず、古い宿を守り続けてきた先代達の苦労を無にしたくない。 古い木造建築を維持するのは大変だが、私の代で絶やすわけにはいかない」という。現在の青根御殿は、昭和7年に昔のままに再現されたもので、時代の風格を今にとどめている。 石風呂は、400年の歴史を語る石組のまま。30人の人夫が2年かかって作った話は、耳がタコになるほど聞かされたという。作家の山本周五郎も、この湯に入り、青根御殿の一室から眺める裏庭のモミの巨木に、何かヒン卜を得たのではあるまいか。ここで「樅の木は残った」の一部を執筆している。不忘閣は歴史を語りかける秘湯である。
ご利用案内
営業期間 通年営業
標準宿泊料金(1室2名様 朝夕食付サ込税込の1名料金) 1名様の予約
16,890 円 ~ 18,510 円
標準的なチェックイン/チェックアウトの時間 夕食食事場所 朝食食事場所
15:00 / 10:00 個室会食室 個室会食室又は大広間
クレジットカード 携帯電話送受信 ペット
○ VISA、JCB、MASTER、Diners ○  ×
日帰入浴 × 営業時間 大人料金(税込) 子供料金(税込) 昼食
 ~  0円 0円
入湯税 宿泊大人 宿泊子供 日帰大人 日帰子供
150円 0円 0円 0円
湯治対応 ×
ご利用案内備考 ★東北復興支援 JR東日本テレビCM 行くぜ、東北。の舞台となりました。

★EV充電スタンド設置いたしました。200V普通充電器タイプ。

■ 日本語以外の対応は出来ませんのでご了承下さいませ。

■ 貸切半露天風呂 「亥之輔の湯」開湯いたしました。


■当館では、お泊まりいただくお客様に鮮度のいい温泉をお楽しみいただくため、日帰り入浴は受けたまわっておりません。
申し訳ございません。


交通情報
住所 〒989-0908 宮城県柴田郡川崎町青根温泉1-1
交通/車 東北自動車道白石ICから40分、山形自動車道宮城川崎ICから15分。
交通/電車 JR東北新幹線白石蔵王駅下車、路線バスで遠刈田温泉へ、遠刈田温泉まで送迎あり(要連絡)。
MAP
駐車場 あり
交通情報備考 ★EV充電スタンド設置いたしました。200V普通充電器タイプ。 

東京方面から自動車道をご利用のお客様は、白石ICをお勧めいたします。青森方面からは山形自動車道宮城川崎ICをお勧めいたします。
 バスをご利用のお客様は、終点遠刈田温泉宮城蔵王ロイヤルホテル前まで乗車下さいませ。無料でご送迎いたしておりますのでご遠慮なくお申し付け下さいませ。
 仙台市からのバスのご利用は、ミヤコーバスの高速バスが便利です。終点遠刈田温泉宮城蔵王ロイヤルホテル前で下車して下さいませ。

  
施設情報
建物 木造 平屋、2階建
露天風呂付 バス・トイレ付 トイレ付 トイレ無 客室合計
0室 0室 14室 0室 14室
エレベーター 冷房 暖房 トイレ ウォッシュレット
× 洋式
身障者用施設 客室 車椅子 トイレ
×  ×  × 
シャンプー・リンス ボディーソープ・石けん ドライヤー 歯ブラシ・歯磨き粉
バスタオル 浴衣 テレビ 髭剃り
施設情報備考 西別館タイプウオッシュレット完備。
不忘庵タイプのトイレは旧洋式とウオッシュレットになります。

■最新施設情報 2年の工期を経て大湯湯屋復元工事が完了いたしました。
切石の浴槽は天文十五年1546年に施工された当時そのままでございます。総青森ヒバを使用し東北を代表する御殿湯に仕上げました。上質な、いにしえの空間をお楽しみ頂けます。

TOPサイトのご利用方法ヘルプ

net会員新規登録net会員マイページ[予約確認・変更・キャンセル]

日本秘湯を守る会会員宿のご紹介[宿泊予約]温泉指南味の店のご紹介

サイトマップご利用規約サイトポリシー