ようこそ ゲスト さん (ログインはこちら

川原を掘ればどこでも温泉が

川湯温泉 冨士屋

かわゆおんせん ふじや

〒647-1717 和歌山県田辺市本宮町川湯1452

日本秘湯を守る会
川湯温泉は本宮からバスで20分ほど入った大塔川沿いにある。名前の通り川原の砂を掘ると湯が沸くという珍しい温泉である。 宿は冨士屋が老舗で、川湯らしい落ち着きのある宿である。白浜や勝浦と異ってきらきらしたところがなく、なんとなく安らげる素朴さがうれしい。 館内にも熊野水石を組み合わせた露天風呂もあるが、ここでは宿の前の川原の自然風呂へ一浴をすすめたい。川原の砂を掘っただけの湯であるが自然さが何とも言えない。川原はどこを掘ってもお湯がわき、流れの水を引き込んで温度調節をすればよい。温泉は単純泉で73度という。女性の方は夕方暗くなってから満天の星座を眺めながらの入浴も野趣があるだろう。 夕食の膳はオリジナルの鯉せんべいなどがついた会席料理が卓上を飾っていた。 ここから、瀞八丁や熊野本宮も近く、中辺路の旧道歩きの基地にもなっている。
ご利用案内
営業期間 通年営業
標準宿泊料金(1室2名様 朝夕食付サ込税込の1名料金) 1名様の予約
16,200 円 ~ 32,400 円 ×
標準的なチェックイン/チェックアウトの時間 夕食食事場所 朝食食事場所
14:00 / 10:00 広間食 広間食
クレジットカード 携帯電話送受信 ペット
○ JCB、VISA、AMEX、Diners、UC、DC △ docomoは可能、au,softbankは外にでれば可能 ×
日帰入浴 × 営業時間 大人料金(税込) 子供料金(税込) 昼食
 ~  0円 0円 ×
入湯税 宿泊大人 宿泊子供 日帰大人 日帰子供
150円 0円 150円 0円
湯治対応 ×
ご利用案内備考 河原の露天風呂、仙人風呂(12月から2月末)は雨による増水時はご利用できない場合がございます。
交通情報
住所 〒647-1717 和歌山県田辺市本宮町川湯1452
交通/車 阪和自動車道南紀田辺ICから国道311号線経由約60分。
交通/電車 JR紀勢本線新宮駅から本宮大社行きバス、大和八木行きバスで60分ふじや前下車。紀伊田辺駅から本宮大社方面行きバスで110分。
MAP
駐車場 あり
交通情報備考 南紀白浜空港より車で60分(レンタカーあり)。
施設情報
建物 鉄筋 5階建
露天風呂付 バス・トイレ付 トイレ付 トイレ無 客室合計
3室 31室 0室 0室 31室
エレベーター 冷房 暖房 トイレ ウォッシュレット
洋式
身障者用施設 客室 車椅子 トイレ
×  ×  × 
シャンプー・リンス ボディーソープ・石けん ドライヤー 歯ブラシ・歯磨き粉
バスタオル 浴衣 テレビ 髭剃り
施設情報備考

TOPサイトのご利用方法ヘルプ

net会員新規登録net会員マイページ[予約確認・変更・キャンセル]

日本秘湯を守る会会員宿のご紹介[宿泊予約]温泉指南味の店のご紹介

サイトマップご利用規約サイトポリシー