ようこそ ゲスト さん (ログインはこちら

紀州徳川家の御殿湯

龍神温泉 下御殿

りゅうじんおんせん しもごてん

〒645-0525 和歌山県田辺市龍神村龍神38

日本秘湯を守る会
龍神の湯は、日本三美人湯の一つと言われている。なるほど、2、3回湯につかると肌がすべすべしてきた。土地の女性は化粧下のクリームなどいらないという。湯はナトリウム・炭酸水素塩泉で、下御殿の湯ぶねは檜張りだった。有吉佐和子もこの湯にひたりながら、「日高川」に登場する龍神に育った知世子の白い肌を連想したのだろうか。浴室の窓の下には日高川の渓流が美しく流れている。緑の自然が身も心も包んでくれるような環境である。 この温泉は、紀州藩主徳川頼宜公が藩費で下御殿、上御殿を建て、静養のために杖をひいたという。当主は27代目の湯守りである。 中里介山がこの地を訪ねたのは大正5年のことである。山奥の龍神を「大菩薩峠」に登場させ、机竜之介の爆薬で傷ついた目をこの温泉でなおした項を書くためである。 竜神スカイラインを走れば、護摩壇から高野山は目と鼻の先であった。
ご利用案内
営業期間 通年営業
標準宿泊料金(1室2名様 朝夕食付サ込税込の1名料金) 1名様の予約
15,900 円 ~ 31,650 円 ×
標準的なチェックイン/チェックアウトの時間 夕食食事場所 朝食食事場所
15:00 / 10:00 レストラン又は食事処 部屋食又は食事処
クレジットカード 携帯電話送受信 ペット
○ VISA、JCB ○  ×
日帰入浴 営業時間 大人料金(税込) 子供料金(税込) 昼食
12:00 ~ 14:30 1,000円 500円
入湯税 宿泊大人 宿泊子供 日帰大人 日帰子供
150円 0円 150円 0円
湯治対応 ×
ご利用案内備考
交通情報
住所 〒645-0525 和歌山県田辺市龍神村龍神38
交通/車 阪和自動車道有田ICから国道424号、371号線経由約80分。
交通/電車 JR紀勢本線紀伊田辺駅下車、龍神温泉行きバス40分。
MAP
駐車場 なし
交通情報備考
施設情報
建物 鉄筋 5階建
露天風呂付 バス・トイレ付 トイレ付 トイレ無 客室合計
3室 11室 3室 0室 17室
エレベーター 冷房 暖房 トイレ ウォッシュレット
洋式
身障者用施設 客室 車椅子 トイレ
×  ○ 1 × 
シャンプー・リンス ボディーソープ・石けん ドライヤー 歯ブラシ・歯磨き粉
バスタオル 浴衣 テレビ 髭剃り
施設情報備考

TOPサイトのご利用方法ヘルプ

net会員新規登録net会員マイページ[予約確認・変更・キャンセル]

日本秘湯を守る会会員宿のご紹介[宿泊予約]温泉指南味の店のご紹介

サイトマップご利用規約サイトポリシー