ようこそ ゲスト さん (ログインはこちら

渓流の河畔に建つ一軒宿

鷹の湯温泉 鷹の湯温泉

たかのゆおんせん たかのゆおんせん

〒019-0321 秋田県湯沢市秋の宮字殿上1番地

日本秘湯を守る会
雄物川の支流、役内川にそい、横堀から鬼首峠の方へ20分ほどゆくと、秋の宮温泉郷に着く。 川べりに細長く建つ宿までは、坂道を三つ位曲って下ってゆく。 1200年前行基による開湯と伝えられる温泉は、鷹匠と鷹が傷を癒したことに由来し、主人の小山田光太郎さんで4代目という歴史を持っている。 今は自炊部と旅館部に分けて営業しているが、石を敷き長方形の木風呂がいくつも組みこまれ、片方に頭をのせ、 向いの木わくに足をのせ、みんな一列になって湯を楽しんでいた。 湯滝に打たれるのもまた一興。 川べりには露天風呂もあり、自然の中のゆあみは心の広がる思いである。 紅葉の名所でもあるが、雪がしんしんと降る冬こそ露天風呂の味わいがあると思った。
温泉情報
浴槽 内湯 露天
2 3
温泉使用量(㍑/分) 不明
源泉温度(度) 73度
加水・加温・減温の有無 加水あり
泉質 ナトリウム-塩化物泉
利用形態 源泉かけ流し
温泉情報備考

TOPサイトのご利用方法ヘルプ

net会員新規登録net会員マイページ[予約確認・変更・キャンセル]

日本秘湯を守る会会員宿のご紹介[宿泊予約]温泉指南味の店のご紹介

サイトマップご利用規約サイトポリシー