ようこそ ゲスト さん (ログインはこちら

昔ながらの湯治風景

乳頭温泉郷 鶴の湯温泉

にゅうとうおんせんきょう つるのゆおんせん

〒014-1204 秋田県仙北市田沢湖田沢先達沢国有林50

日本秘湯を守る会
鶴が入浴しているのをマタギが発見したので「鶴の湯」と名付けられたという。この温泉は藩主の佐竹公が入浴した名湯である。田沢湖から田沢高原を通って、八幡平の南にそびえる乳頭山麓へ向う。この辺りは乳頭温泉郷と呼ばれ、鶴の湯を始めとして素朴な一軒宿が点在し、秘湯探勝にはもってこいのところ。自然の中の旧態依然とした湯治風景は、時代の歯車がとまっているのかと思うほどである。 先達川の支流、湯沢渓流ぞいの紅葉も見事な10月半ば、バス停から鶴の湯へのススキの原をのんびりと歩いてみた。やがてカヤ葺きの屋根がみえ、どっしりと風雪にたえた建物が見えてきた。さっそく温泉をどうぞ…と主人の佐藤さんに勧められるままに、白湯の内風呂二つと、黒、白湯各二ヵ所、そして中の湯とハシゴ湯を楽しんでみた。かつては11月中旬から翌年の4月までは営業を閉鎖せざるを得なかった、という自然条件だからこそ、古い経営方法が残ったのだろうか。二つある露天風呂に交互に入って、すみ切った星空をながめていたら〝こんばんわ〟と声をかけて無雑作に外国人が入って来た。秘湯も国際交流の一翼をになっているのかも知れない。
温泉情報
浴槽 内湯 露天
8 2
温泉使用量(㍑/分) 280
源泉温度(度) 60度
加水・加温・減温の有無 加水あり
泉質 含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物・炭酸水素塩泉、他
利用形態 源泉かけ流し
温泉情報備考 泉質の異なる4つの源泉があり
白湯 黒湯 中の湯 滝の湯
と名づけられている

冬季は滝の湯(打たせ湯は休みです)

TOPサイトのご利用方法ヘルプ

net会員新規登録net会員マイページ[予約確認・変更・キャンセル]

日本秘湯を守る会会員宿のご紹介[宿泊予約]温泉指南味の店のご紹介

サイトマップご利用規約サイトポリシー