ようこそ ゲスト さん (ログインはこちら

ふる里の山河おもう古湯

会津西山温泉 滝の湯

あいづにしやまおんせん たきのゆ

〒969-7321 福島県河沼郡柳津町砂子原長坂829

日本秘湯を守る会
宿につくと明治建築の古い門構えが木の風合いもよく、「よく来らったなし」と奥からは出迎えのひとなつっこい会津弁がきこえてきた。滝の湯は、只見川へとながれる清流、滝谷川の川べりにある。岸壁を彩る樹々も美しい。昔ながらの湯治場の風情も懐かしい。旧館には明治時代の書院づくりの部屋が大切にのこされていた。宿の真ん中には清水が流れワサビも自生し、裏の畑で母嫁なかよく野菜を育てているとか。赤や白の石楠花や梅花も咲き乱れ、大地の歌が聴こえてくるよう。夕げには、お母さんが採ってきた山菜や自家製野菜もならび、せっせと若夫婦が西料理でもてなしてくれる。まるで小さな古里を、奥会津の静かな里でみつけたような嬉しさ。 おぼろ月夜のなか湯につかれば、とろりとまろやかで極上の湯ざわり。ちょっと熱めだがとても心地よい美肌の湯。昔から痰きりの名湯といわれ、切り傷やあせも等にもよくきくという。「温泉の量も温度も一日中変わります」とはなす若主人は、日に何度も湯船の温度調節に足を運ぶのだとか。 日本三大虚空蔵尊のひとつで古刹の福満虚空蔵尊圓蔵寺で有名な柳津町。中心地から少し足をのばし西山温泉へ、渓流の四季にそまる里で心温まる宿、奥会津の名湯に出逢える。
温泉情報
浴槽 内湯 露天
2 混浴1
温泉使用量(㍑/分) 15.8
源泉温度(度) 68、90度
加水・加温・減温の有無 なし
泉質 ナトリウム-塩化物泉、含硫黄-ナトリウム塩化物泉
利用形態 源泉かけ流し
温泉情報備考 露天風呂は女性専用時間あり(PM7:00〜PM9:00)。
2つの内湯には別々の源泉を注いでいるので、夜間看板を掛けかえます。

TOPサイトのご利用方法ヘルプ

net会員新規登録net会員マイページ[予約確認・変更・キャンセル]

日本秘湯を守る会会員宿のご紹介[宿泊予約]温泉指南味の店のご紹介

サイトマップご利用規約サイトポリシー