ようこそ ゲスト さん (ログインはこちら

露天風呂に浸かって愉しむ満天の星空

高原温泉 大雪高原山荘

こうげんおんせん たいせつこうげんさんそう

〒078-1701 北海道上川郡上川町層雲峡高原温泉

日本秘湯を守る会
層雲峡より16㌔帯広方面へ国道273号線を走ると右手に大雪高原温泉の看板が見えてくる。ここから10㌔、ヤンベタップ林道を登坂すると標高1260㍍に豊かな泉源を持つ高原の秘湯、大雪高原温泉に突き当たる。旭岳(2290㍍)の真裏に位置するため「裏大雪」とも呼ばれている。毎年10月中旬から翌春までは豪雪によって道が閉ざされてしまい、只一軒の温泉宿である大雪高原山荘は、6月から10月までの4ヶ月の営業である。 春は遅咲きの水芭蕉が純白の花を咲かせる5月下旬から6月はまだ処々に残雪を見せながら、ひたすら緑の季節へと装いを変えてゆく。可憐な姿をそのままに、高山植物がお花畑を彩る7月、8月。露天風呂から見上げる満天の星空に都会では味わえない感動を覚える。短い夏が終わると9月は日本で一番早い紅葉が、緑岳の頂上から始まる。特に「高原沼の沼めぐり」は一周約6㌔、約3時間の道のりをコース沿いに進むと、それぞれ違う紅葉と沼に映る様は他では見ることのできない美しさである。沼めぐりや高山植物観賞の後の、にごり湯の温泉で汗を流す気分もひとしお。石狩川の源から流れてきた水の音、風の音、虫の声、鳥の声…、自然に包まれる感動の瞬間、何処にもない至福の時が訪れる。
温泉情報
浴槽 内湯 露天
2 2
温泉使用量(㍑/分) 180
源泉温度(度) 71度
加水・加温・減温の有無 加水あり
泉質 単純酸性温泉
利用形態 源泉かけ流し
温泉情報備考

TOPサイトのご利用方法ヘルプ

net会員新規登録net会員マイページ[予約確認・変更・キャンセル]

日本秘湯を守る会会員宿のご紹介[宿泊予約]温泉指南味の店のご紹介

サイトマップご利用規約サイトポリシー