ようこそ ゲスト さん (ログインはこちら

白山温泉郷奥深くにひそむ

岩間温泉 山崎旅館

いわまおんせん やまざきりょかん

〒920-2333 石川県白山市尾添ム-4-1

日本秘湯を守る会
世界遺産に登録されている岐阜県の白川郷と、石川県白山市を結ぶ白山スーパー林道の石川県側の入り口の少し手前、 中宮温泉との分かれ道を右手に進むと、よくもこんな所に道をつけたな、と思える険しい山肌に道路が伸びている。 丸石谷を見下ろす絶景を眺めながら進んでいくと、緑に染まる山懐に山崎旅館はその姿を見せた。 玄関前には、開拓者・山崎信一さんの銅像が建っている。 国道からここまでの道は、信一さんが私費を投じ6年の歳月をかけ山肌を切り開いてつけた道である。 かなりの難工事であったらしいが、泰澄大師の開湯伝説の残る古くからの温泉が土砂に埋もれていたところを、 地域の将来を考えての熱き思いで掘り起こしたという。 その湯宿は、平成17年11月に他界された妻の美津子さんが、84才まで現役でひたすら守られてきた。 今は、孫の太一朗さんが先々代の遺志を受け継いでいる。 宿の裏にある緑の山に囲まれた混浴の露天風呂に浸かると、木々を揺らす風が頬を伝い、開放的で殊のほか気持ちが良い。 弱食塩泉のまろやかな湯触りは、山崎信一さんの熱き思いの湯、といったところか。 周囲の山々で採れた山菜や川魚など、自然の恵みを食材とした山麓料理も、山奥の一軒宿での一夜を趣き深いものにしてくれる。
温泉情報
浴槽 内湯 露天
2 混浴1
温泉使用量(㍑/分) 60
源泉温度(度) 93度
加水・加温・減温の有無 加水・加温なし
泉質 ナトリウム-塩化物泉
利用形態 源泉かけ流し
温泉情報備考

TOPサイトのご利用方法ヘルプ

net会員新規登録net会員マイページ[予約確認・変更・キャンセル]

日本秘湯を守る会会員宿のご紹介[宿泊予約]温泉指南味の店のご紹介

サイトマップご利用規約サイトポリシー