ようこそ ゲスト さん (ログインはこちら

川端康成ゆかりの宿

湯ヶ野温泉 福田家

ゆがのおんせん ふくだや

〒413-0507 静岡県賀茂郡河津町湯ヶ野236

日本秘湯を守る会
川端康成が一高生のとき天城峠を越えて宿をとったのが福田家である。 河津川にかかった橋の真正面に見える二階の部屋が川端青年が泊った部屋という。 「私は、太鼓の音が聞こえると胸が明るくなり、止むと沈み込む。どうにもならない切ない気持で夜を更かすのである。」 ここで踊り子達が流してくる太鼓の音に胸をときめかせ、対岸に見える共同湯の前に立った踊り子の裸姿にびっくりした部屋である。 宿の入口に踊り子の像が立ち、右半分は当時のままの建物で、左半分が新築されている。川端さんは生前にここを訪れ新館にも泊っている。 温泉は明治12年創業以来の伊豆の踊子風呂と、裏の庭園には伊豆石で造られた交替制の露天風呂もある。 小鳥のさえずりに耳を傾け、夜中には虫の声を聴きながらの露天風呂の湯あみは風情がある。
温泉情報
浴槽 内湯 露天
2 1
温泉使用量(㍑/分) 30
源泉温度(度) 59.1度
加水・加温・減温の有無
泉質 カルシウム・ナトリウムー硫酸塩温泉
利用形態 源泉かけ流し
温泉情報備考 露天・内湯共、「貸し切り中」の札を掛け、ご自由に貸切でご利用いただいております。

TOPサイトのご利用方法ヘルプ

net会員新規登録net会員マイページ[予約確認・変更・キャンセル]

日本秘湯を守る会会員宿のご紹介[宿泊予約]温泉指南味の店のご紹介

サイトマップご利用規約サイトポリシー