ようこそ ゲスト さん (ログインはこちら

奥秩父の山あいにひそむ

柴原温泉 かやの家

しばはらおんせん かやのや

〒369-1804 埼玉県秩父市荒川小野原1009-1

日本秘湯を守る会
こんな近くに、山の自然にひたれる静かな温泉があったのか、と驚くのが奥秩父の柴原温泉である。 池袋から西武特急で秩父まで1時間20分。秩父鉄道に乗継いで御花畑から武州日野迄15分である。 駅前から宿の送迎車で10分ほど走ると山の谷は深まり、 その谷間に木造二階建ての柴原温泉「かやの家」がひっそりとしたたたずまいを見せていた。 名前のように玄関周りも風呂も榧の木を使っているという風変わりな宿である。 昭和29年の創業というから歴史はそう古くもないが、神経痛や胃腸病によく効く単純硫黄泉として秩父地方の人には知られた温泉である。 榧の木の湯ぶねにひたりながら見る山の自然も、どことなく落ち着きと安らぎがある。 桜の頃、新緑の頃、紅葉の頃と四季それぞれの良さがあるが、東京からの交通の便もよく、 観光というよりも慌ただしい日常に疲れた心を癒すために訪れたい宿である。
温泉情報
浴槽 内湯 露天
2 2
温泉使用量(㍑/分) 2.6
源泉温度(度) 9.6度
加水・加温・減温の有無 加温あり
泉質 単純硫黄冷鉱泉
利用形態 給湯口を含む循環濾過
温泉情報備考 浴槽は、全てかやの木です。

TOPサイトのご利用方法ヘルプ

net会員新規登録net会員マイページ[予約確認・変更・キャンセル]

日本秘湯を守る会会員宿のご紹介[宿泊予約]温泉指南味の店のご紹介

サイトマップご利用規約サイトポリシー