ようこそ ゲスト さん (ログインはこちら

紀州徳川家の御殿湯

龍神温泉 下御殿

りゅうじんおんせん しもごてん

〒645-0525 和歌山県田辺市龍神村龍神38

日本秘湯を守る会
龍神の湯は、日本三美人湯の一つと言われている。なるほど、2、3回湯につかると肌がすべすべしてきた。土地の女性は化粧下のクリームなどいらないという。湯はナトリウム・炭酸水素塩泉で、下御殿の湯ぶねは檜張りだった。有吉佐和子もこの湯にひたりながら、「日高川」に登場する龍神に育った知世子の白い肌を連想したのだろうか。浴室の窓の下には日高川の渓流が美しく流れている。緑の自然が身も心も包んでくれるような環境である。 この温泉は、紀州藩主徳川頼宜公が藩費で下御殿、上御殿を建て、静養のために杖をひいたという。当主は27代目の湯守りである。 中里介山がこの地を訪ねたのは大正5年のことである。山奥の龍神を「大菩薩峠」に登場させ、机竜之介の爆薬で傷ついた目をこの温泉でなおした項を書くためである。 竜神スカイラインを走れば、護摩壇から高野山は目と鼻の先であった。
温泉情報
浴槽 内湯 露天
2 混浴1
温泉使用量(㍑/分) 24
源泉温度(度) 43.6〜47.2度
加水・加温・減温の有無 加温あり
泉質 ナトリウム-炭酸水素塩泉
利用形態 給湯口源泉・浴槽循環濾過
温泉情報備考

TOPサイトのご利用方法ヘルプ

net会員新規登録net会員マイページ[予約確認・変更・キャンセル]

日本秘湯を守る会会員宿のご紹介[宿泊予約]温泉指南味の店のご紹介

サイトマップご利用規約サイトポリシー