ようこそ ゲスト さん (ログインはこちら

滝と吊り橋と渓谷の湯宿

十谷上湯温泉 源氏の湯

じっこくかみゆおんせん げんじのゆ

〒400-0606 山梨県南巨摩郡富士川町十谷4249

日本秘湯を守る会
富士川沿いを走る国道52号から、甲斐源氏の祖とされる新羅三郎義光の居城があった要害、源氏山を源とする大柳川を遡ること7キロ、 段々の斜面に広がる十谷の集落まで来るととたんに道路が狭くなり、深く切れ込んだ渓谷が秘境の雰囲気を醸し出す。 このあたりがいくつもの吊り橋と滝めぐりを楽しめる「竜仙峡」大柳川遊歩道である。 渓流公園からジーンズにスニーカー、それにペットボトルのお茶でもあれば快汗とたっぷりのマイナスイオンが吸収できる。 階段や展望の良い所には踊り場まである吊り橋、よく整備された山道をのんびり歩き、個性溢れる滝を存分に楽しんだ。 落差のある観音滝を過ぎると平坦地に出る。その先に渓流を挟んだ源氏の湯の赤い屋根が見えてきた。 なんと宿の敷地の中まで遊歩道が続いているのだ。 早速浴衣に着替えて頬をなでる川風を受け流し露天風呂へ向かう。 夕霧橋と呼ぶ吊り橋が本館と渓流露天風呂、かじかの大岩風呂、離れの客室を結ぶ唯一の手段なのである。 鰍沢の地名の由来でもあるカジカの生息する清流を眺めながら渡る夕霧橋の揺れ具合がなんとも心地よい。
温泉情報
浴槽 内湯 露天
2 2
温泉使用量(㍑/分) 88
源泉温度(度) 31.3度
加水・加温・減温の有無 加温あり/各浴槽ごとに加温なしの源泉浴槽あり
泉質 カルシウム・ナトリウム−塩化物泉
利用形態 源泉かけ流し/加温浴槽のみ適温に保つため熱交換による循環もしています。
温泉情報備考 お風呂について
本館内湯(男女別)24時間利用できます。毎日夕食後に男湯と女湯の場所を交換します。

露天風呂(混浴)少し離れた所にある為、夜は9時まで、朝は6時からのご利用をお願いします。
(混浴)専用の湯浴み着の用意があります。

TOPサイトのご利用方法ヘルプ

net会員新規登録net会員マイページ[予約確認・変更・キャンセル]

日本秘湯を守る会会員宿のご紹介[宿泊予約]温泉指南味の店のご紹介

サイトマップご利用規約サイトポリシー