ようこそ ゲスト さん (ログインはこちら

樹海につつまれる高原の宿

五色温泉 宗川旅館

ごしきおんせん そうかわりょかん

〒992-1331 山形県米沢市板谷498

日本秘湯を守る会
吾妻山系の北麓、奥羽線沿いにある温泉を知らぬ人が多い。まさに秘湯中の秘湯といった感じの場所である。五色温泉もその一つで、山形新幹線の恩恵はなく、在来線の板谷駅下車ということになる。従って、福島からも、米沢からもいい時間帯の列車は1日2本という不便さである。まあ、こんな不便さが秘湯のよさを守っているのかも知れない。 温泉の発見は300余年前とも言われているが、近郷では「子宝の湯」として有名で、戦前は湯治客でにぎわったらしい。それよりも、五色と言へば日本最初の国設スキー場が明治末期に設けられて有名になったところという。 今はその面影もうすれたが、木造の大きな宿の建物は、その頃の名残りではなかろうか…。温泉は重曹泉で、米沢や福島の人の利用が多いという。東吾妻を縦走する山スキーコースの人や登山家にも愛されてきた温泉である。 明るいスロープをもった海抜850㍍の樹海は山の大気にひたるのにもってこいの静養地である。
温泉情報
浴槽 内湯 露天
2 2
温泉使用量(㍑/分) 90
源泉温度(度) 45度
加水・加温・減温の有無 加水なし 一部加温
泉質 ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩・塩化物温泉
利用形態 源泉かけ流し
温泉情報備考 冬季の12月1日から4月中旬までは露天風呂の営業休止いたします。

TOPサイトのご利用方法ヘルプ

net会員新規登録net会員マイページ[予約確認・変更・キャンセル]

日本秘湯を守る会会員宿のご紹介[宿泊予約]温泉指南味の店のご紹介

サイトマップご利用規約サイトポリシー