山のいで湯守って。日本秘湯を守る会々員宿一同
ずいぶん山の中で不便な思いもしました。冬は交通が途絶えたり食糧の確保すら難しい時代が長く続きました。
いっそのこと山を降りてどこかで観光旅館でもと考えたこともしばしばでした。
しかし、長年にわたってお訪ね下さるご常連のお客さまや、
先祖が守ってきた温泉のことを思うと去ることも新築すること
にも頭をかかえました。
〝残してくれ〟〝古くさい建て直せ〟
そんなお客さまの声を自問自答しながら生きて参りました。
私どもの宿では、草一本、石ころひとつにも
皆さんとの血が通っているように思われてなりません。
古いものや自然環境を残そうと、今日まで言うに言えない苦労も致しました。
おかげさまで、昨今はそれだから来たんだよとおっしゃるお客さまが多くなり、古さを守るという生きがいすら覚えるようになりました。有難いことだと思っています。山あいの古いボロ屋ですが、昔ながらの木の湯にひたり、〝宿の夫婦が摘んだ山菜の味でよい、炉ばたでおやじ語ろうよ〟と、おっしゃる皆さんのためにいつまでも生き続けたいと念願しております。
雪どけの道をお帰りになったあのお客さん、無事に国道まで出られたかしら……、そんなことを気にしながら今宵もまた訪ねて下さった都会の方々に山の暮しのおしゃべりを続けて参ります。
会員宿のご紹介[宿泊予約]
宿名・キーワードから探す

プランを日程・条件から探す

地区から探す

net会員ログイン

ようこそ ゲスト さん

net会員ログインはこちら
net会員新規登録はこちら
秘湯の宿めぐり
秘湯の宿へ無料招待
地熱対策緊急特集
日本文化遺産を守る会

TOPサイトのご利用方法ヘルプ

net会員新規登録net会員マイページ[予約確認・変更・キャンセル]

日本秘湯を守る会会員宿のご紹介[宿泊予約]温泉指南味の店のご紹介

サイトマップご利用規約サイトポリシー