ようこそ ゲスト さん (ログインはこちら

江戸時代の文献にもある眼の温泉

貝掛温泉 貝掛温泉

かいかけおんせん かいかけおんせん

〒949-6211 新潟県新潟県 南魚沼郡 湯沢町三俣686

日本秘湯を守る会
秘湯でありながらわりに手軽にゆけるのが貝掛温泉である。 東京から上越新幹線1時間20分で越後湯沢へ。 駅前からバスで20分ほど三国峠の方へひき返えすと貝掛温泉の入口。 カラマツの林の道が切れて清津川と八木尾山の明るい風景が開ける。 新緑にむせかえるような若葉が、身も心も洗い浄めてくれる自然美である。 橋を渡ると真正面に見えるのが貝掛の宿。宿の横を支流のカツサ川が流れていた。 たった一軒の建物はわりとこざっぱりして明るく、昔風のじめじめした湯治的な感じはない。 戦国の将上杉謙信も関東攻めのゆきかえりに将兵ともどもこのいで湯で旅の疲れをいやしたという。 宿は夕ぐれと朝まだきがよい。 朝霧がほどほどに山の1日をつげてゆく。 もちろん小鳥たちも一緒だ。この湯は眼の温泉として白内障にはとくに効くらしく、長湯治の人も多い。 湯治客がいるということは料理や扱いが家庭的だということにもつながるのでは……。
温泉情報
浴槽 内湯 露天
4 3
温泉使用量(㍑/分) 360
源泉温度(度) 36.8度
加水・加温・減温の有無 一部加温あり
泉質 ナトリウム・カルシウム-塩化物温泉
利用形態 源泉かけ流し、源泉を加温した浴槽もあります
温泉情報備考 鎌倉時代より開湯700年の歴史
江戸時代の文献にもある眼の温泉
昭和初期まで温泉は目薬「快眼水」として内務省の製造許可を得て発売していた
37℃[羊水とほぼ同じ温度]の源泉湯舟と加温した湯舟の二種
奥湯沢の一軒宿 大自然の露天風呂

TOPサイトのご利用方法ヘルプ

net会員新規登録net会員マイページ[予約確認・変更・キャンセル]

日本秘湯を守る会会員宿のご紹介[宿泊予約]温泉指南味の店のご紹介

サイトマップご利用規約サイトポリシー