ようこそ ゲスト さん (ログインはこちら

清津峡の絶壁を見物

清津峡湯元温泉 清津館

きよつきょうゆもとおんせん きよつかん

〒949-8433 新潟県十日町市小出癸2126番地1

日本秘湯を守る会
清津峡は、古い時代に、黒部峡谷、大杉と共に日本三大峡谷として教科書にも登場した名勝の地である。歩道トンネルをぬけると、清津川が狭った柱状節理の岩壁が迫って、目のくらむような奇観である。 その清津峡の入口にあるのが清津峡温泉。新幹線や関越道がつくまでは飯山線周りという不便さと越後田沢からの道が、豪雪地帯の為に冬はとだえるというへき地だったせいか、今でも清津峡温泉を知る人は少ない。関越道を利用すれば塩沢石打インターから20分そこそこという近さである。 温泉は49度という適温で湯量も量。とくに湯につかると肌がすべすべするのでご婦人には受けているようである。 ここは豪壮で雄大な渓谷の連なる深山、ひぐらしの鳴く声がしみる静寂境である。とくに豪雪期の冬の温泉は想像もつかないような白銀の世界である。
温泉情報
浴槽 内湯 露天
2 貸切1
温泉使用量(㍑/分) 64
源泉温度(度) 38.9、48.5度
加水・加温・減温の有無 無 (貸切露天冬季加温あり)
泉質 単純硫黄温泉、含硫黄-ナトリウム-塩化物泉
利用形態 源泉かけ流し
温泉情報備考

TOPサイトのご利用方法ヘルプ

net会員新規登録net会員マイページ[予約確認・変更・キャンセル]

日本秘湯を守る会会員宿のご紹介[宿泊予約]温泉指南味の店のご紹介

サイトマップご利用規約サイトポリシー