ようこそ ゲスト さん (ログインはこちら

田舎風離れ造りの山あいの宿

筋湯温泉 喜安屋

すじゆおんせん きやすや

〒879-4912 大分県玖珠郡九重町大字湯坪字筋湯527

日本秘湯を守る会
九重連山の山あいにもうもうと湯煙を上げている筋湯温泉は、天徳2年(958)開湯の記録があり、1000年以上の歴史がある。 明治30年頃と、昭和24年に大火があったが、懸命な復旧努力により今は20余軒の宿により形成されている。 喜安屋が温泉街のはずれに土地を求め、新築オープンしたのが平成18年10月のこと。 雑木林の中に、全て平屋造りの母屋、食事処、4棟の客室棟に浴室棟、貸切露天風呂を配し、屋根だけの渡り廊下で結んだ離れ風の造りとなっている。 客室は全部で10室、畳の香りが漂い木の温もりが感じられ、豪農の客間の雰囲気をかもし出し、 部屋には桧や岩風呂など趣きの異なった露天風呂がついており、給湯会社から、毎分75リットルを引湯している湯があふれている。 食事処も客室数にあわせた個室タイプが10ヶ所に、小グループ用に少し大きめの部屋も用意してある。 食卓に並ぶ食事は、自然に恵まれた環境の中、山や川の幸、旬の食材を使い手間と時間をかけた田舎料理を基本においているという。 母屋の土間や黄土色の土壁の木造の館は、どこかに置き忘れられかけた田舎の風情が漂う佇まいである。
温泉情報
浴槽 内湯 露天
2 4
温泉使用量(㍑/分) 75
源泉温度(度) 62度
加水・加温・減温の有無 加水あり
泉質 ナトリウム−塩化物泉
利用形態 かけ流し
温泉情報備考

TOPサイトのご利用方法ヘルプ

net会員新規登録net会員マイページ[予約確認・変更・キャンセル]

日本秘湯を守る会会員宿のご紹介[宿泊予約]温泉指南味の店のご紹介

サイトマップご利用規約サイトポリシー