ようこそ ゲスト さん (ログインはこちら

奥鬼怒の山奥にひそむ

奥鬼怒温泉 八丁湯

おくきぬおんせん はっちょうのゆ

〒321-2717 栃木県日光市川俣876

日本秘湯を守る会
鬼怒川の源流が尾瀬沼の南の谷で狭った山深い谷間にひそんでいるのが「八丁湯」である。 昔、上流の鬼怒川と日光沢の合流地点に、特産品の木杓子やまげわっぱを作る山の作業小屋があり、 作業を終えた村人が「さあ、ひと風呂」と立寄った所で、作業小屋からの距離が八丁ぐらいあったのでこの名がついたとか。 かつては歩かなくては行けなかったランプの宿「八丁湯」も、林道がついて女夫渕からマイクロバスで送迎してくれるようになった。 しかし環境は昔のままの仙境である。 付近の山肌八ヶ所から自然にわき出る温泉を露天風呂に引き込んだ野趣がすばらしい。 滝を眺めながらの入浴気分は満点である。 毎日秘湯好みの客が後を絶たない。 本館はトイレが共有(ログハウスは各部屋に配備)、寝具のあげおろしは自分でといった山小屋方式である。 尾瀬に近い高山植物の咲く奥鬼怒湿原へは八丁湯から上り2時間ほどのハイキングである。
温泉情報
浴槽 内湯 露天
2 4
温泉使用量(㍑/分) 240
源泉温度(度) 51度
加水・加温・減温の有無 加水あり
泉質 単純温泉
利用形態 源泉かけ流し
温泉情報備考

TOPサイトのご利用方法ヘルプ

net会員新規登録net会員マイページ[予約確認・変更・キャンセル]

日本秘湯を守る会会員宿のご紹介[宿泊予約]温泉指南味の店のご紹介

サイトマップご利用規約サイトポリシー