ようこそ ゲスト さん (ログインはこちら

庄内藩主も湯治した

湯田川温泉 湯どの庵

ゆたがわおんせん ゆどのあん

〒977-0752 山形県鶴岡市湯田川乙38

日本秘湯を守る会
湯田川温泉は和銅年間に発見されたという歴史の古い温泉である。三方を山に囲まれた山合いに小さな宿が軒を連ね、湯治場の雰囲気を残す素朴な温泉場だ。往時から庄内の奥座敷と呼ばれ、庄内藩主の酒井公もしばしば湯治に訪れたという。その時の休憩所が「湯どの庵」の前身の「御殿湯」であった。 二階建ての建物はかなり古いものらしく、その外観には大正末期建築の歴史がうかがえる。レトロな玄関を入ると、モダンでシックな木の温もりの漂う内装のロビーと、意外なほどの奥行きの心休まる空間が広がる。ホテル風の客室は、小上がりにベッドを置いたような仕様だが、座って寛げるスペースもある。 ダイニングでいただく食事は、海の幸と山の幸の和食が基本になっているが、洋風にアレンジした創作料理が喜ばれている。 平成13年の思いきった改装で、客室をはじめ内装、調度品や料理まで一新されたが、外観と大きな梁を通した浴室と石風呂には、本来の和風温泉旅館の面影を残している。和と洋が不思議と調和した姿は、これからの温泉宿を示唆しているかも知れない。
温泉情報
浴槽 内湯 露天
2
温泉使用量(㍑/分) 40
源泉温度(度) 42.6度
加水・加温・減温の有無 加温あり
泉質 ナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉
利用形態 源泉かけ流し
温泉情報備考 温泉は、檜風呂、石風呂(露天風呂併設)の2箇所に分かれております。男女交代制で24時間ご利用いただけます。(清掃でご利用いただけない時間帯もございます。)

TOPサイトのご利用方法ヘルプ

net会員新規登録net会員マイページ[予約確認・変更・キャンセル]

日本秘湯を守る会会員宿のご紹介[宿泊予約]温泉指南味の店のご紹介

サイトマップご利用規約サイトポリシー