日本秘湯を守る会

樅峰苑

しょうほうえん

  • 秘湯
  • 文化遺産

〒019-2335 秋田県大仙市強首字強首268

  • 樅峰苑外観

  • 夕食の一例

  • 強首温泉

  • 大広間

  • 大樹の湯

  • こもれびの湯

  • 内湯

大庄屋の館に泊まる

これが宿屋の建物… 訪ねた都会人がびっくりするのが強首温泉である。それもそのはず、この付近450町歩の大地主だった小山田家の本宅で、唐破風の玄関がその歴史を伝えている。代々村長や県議を勤めた名門である。15代目の奥さんが主人を亡くし、子供を育てる為に昭和41年に宿屋に転身したという。
建物は大正6年に完成したもので、国の登録有形文化財に指定されている。鹿鳴館風の階段室や、16.3㍍を1枚の天然秋田杉で通した廊下など見所が多い。
建物が建物だけに、旅館に泊まったのとはいささか気分が異なって、田舎の本家に泊めてもらったような感じである。そんなつもりで見るせいか、料理そのものもふるさとの味にぴったり。とくに雄物川で獲れる川蟹(モクズガニ)の料理など、当地方の特産品が食膳を飾るのもうれしい。
敷地内にある資料館には小山田家の遺産が展示されている。かっての豪農の生活をしのぶ貴重な資料である。家紋入りの人力車や江戸時代のうるし塗りの長持などが小山田家の格式を物語っている。

温泉情報

浴槽 内湯:2  露天:2
温泉使用量(リットル/分) 160
源泉温度(度) 49
加水・加温・減温の有無 加水・加温なし
泉質 含よう素-ナトリウム-塩化物強塩温泉
利用形態 源泉かけ流し
温泉情報備考 敷地内で温泉ボーリングを行い、平成20年2月に毎分246リットル、49度の温泉が自噴しました。
平成20年3月に新設した露天風呂は「総ヒノキ造り」で宿泊専用貸切露天風呂となっております。
泉質は国内でも大変珍しい「含よう素泉」です。
また、溶存物質量は1kg中22.24gもあり、温泉の成分が濃い温泉です。

施設情報

建物
木造 2階建

施設設備

エレベーター
×
冷房
暖房
トイレ
洋式
ウォッシュレット

客室数

露天風呂付
0室
バス・トイレ付
0室
トイレ付
0室
トイレ無
7室
合計
7室

アメニティ

ハンドタオル
ボディソープ
ドライヤー
温水洗浄トイレ
歯ブラシ・歯磨き粉
石けん
羽毛布団
くし・ブラシ
×
バスタオル
浴衣
髭剃り
バストイレ別
×
シャンプー
パジャマ
×
シャワーキャップ
×
リンス
バスローブ
×
綿棒
パジャマ(ズボン付き)
×
パジャマ(シャツのみ)
×
シャワー独立
スリッパ
×
テレビ
×

身障者用施設

客室対応
×
車椅子対応
×
トイレ対応
×

お問い合わせは
電話番号0187-77-2116
FAX 0187-77-2117

ご利用案内

施設名 強首温泉 樅峰苑
住所 〒019-2335 秋田県大仙市強首字強首268 [→MAP]
所属協会 日本秘湯を守る会  日本文化遺産を守る会
営業期間 通年営業
標準宿泊料金 16,650円〜22,150円(1室2名様 朝夕食付サ込税込の1名料金)
1名様の予約
標準チェックイン時刻 15:00
標準チェックアウト時刻 10:00
夕食食事場所 大広間
朝食食事場所 食堂
クレジットカード ×
携帯電話送受信
ペット ×
日帰入浴
 日帰入浴営業時間
 日帰入浴大人料金(税込)
 日帰入浴子供料金(税込)
 日帰入浴昼食

11:00 〜 18:00
650円
350円
湯治対応 ×
ご利用案内備考