日本秘湯を守る会

鶴の湯温泉

つるのゆおんせん

  • 秘湯

〒014-1204 秋田県仙北市田沢湖田沢先達沢国有林50

  • 鶴の湯温泉 混浴露天

  • 夕食一例 

  • 夕食一例

  • 山の芋鍋

  • 混浴露天風呂

  • 白湯 男性側

  • 混浴露天風呂 

昔ながらの湯治風景

鶴が入浴しているのをマタギが発見したので「鶴の湯」と名付けられたという。この温泉は藩主の佐竹公が入浴した名湯である。田沢湖から田沢高原を通って、八幡平の南にそびえる乳頭山麓へ向う。この辺りは乳頭温泉郷と呼ばれ、鶴の湯を始めとして素朴な一軒宿が点在し、秘湯探勝にはもってこいのところ。自然の中の旧態依然とした湯治風景は、時代の歯車がとまっているのかと思うほどである。
先達川の支流、湯沢渓流ぞいの紅葉も見事な10月半ば、バス停から鶴の湯へのススキの原をのんびりと歩いてみた。やがてカヤ葺きの屋根がみえ、どっしりと風雪にたえた建物が見えてきた。さっそく温泉をどうぞ…と主人の佐藤さんに勧められるままに、白湯の内風呂二つと、黒、白湯各二ヵ所、そして中の湯とハシゴ湯を楽しんでみた。かつては11月中旬から翌年の4月までは営業を閉鎖せざるを得なかった、という自然条件だからこそ、古い経営方法が残ったのだろうか。二つある露天風呂に交互に入って、すみ切った星空をながめていたら〝こんばんわ〟と声をかけて無雑作に外国人が入って来た。秘湯も国際交流の一翼をになっているのかも知れない。

温泉情報

浴槽 内湯:8  露天:2
温泉使用量(リットル/分) 280
源泉温度(度) 60
加水・加温・減温の有無 加水あり
泉質 含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物・炭酸水素塩泉、他
利用形態 源泉かけ流し
温泉情報備考 泉質の異なる4つの源泉があり
白湯 黒湯 中の湯 滝の湯
と名づけられている

冬季は滝の湯(打たせ湯は休みです)

施設情報

建物
木造 1階建(一部2階建)

施設設備

エレベーター
×
冷房
×
暖房
トイレ
洋式
ウォッシュレット

客室数

露天風呂付
0室
バス・トイレ付
0室
トイレ付
16室
トイレ無
19室
合計
34室

アメニティ

ハンドタオル
×
ボディソープ
ドライヤー
温水洗浄トイレ
×
歯ブラシ・歯磨き粉
石けん
羽毛布団
×
くし・ブラシ
×
バスタオル
浴衣
髭剃り
バストイレ別
×
シャンプー
パジャマ
×
シャワーキャップ
×
リンス
バスローブ
×
綿棒
×
パジャマ(ズボン付き)
×
パジャマ(シャツのみ)
×
シャワー独立
×
スリッパ
×
テレビ
×

身障者用施設

客室対応
×
車椅子対応
×
トイレ対応
×

ご利用案内

施設名 乳頭温泉郷 鶴の湯温泉
住所 〒014-1204 秋田県仙北市田沢湖田沢先達沢国有林50 [→MAP]
所属協会 日本秘湯を守る会 
営業期間 通年営業
標準宿泊料金 9,830円〜19,950円(1室2名様 朝夕食付サ込税込の1名料金)
1名様の予約
標準チェックイン時刻 15:00
標準チェックアウト時刻 10:00
夕食食事場所 部屋及び食事処
朝食食事場所 広間及び食事処
クレジットカード VISA、MASTER
携帯電話送受信
ペット ×
日帰入浴
 日帰入浴営業時間
 日帰入浴大人料金(税込)
 日帰入浴子供料金(税込)
 日帰入浴昼食

10:00 〜 15:00
600円
300円
湯治対応
ご利用案内備考