日本秘湯を守る会

大丸あすなろ荘別館 ブナ山荘

だいまるあすなろそうべっかん

  • 秘湯

〒962-0621 福島県岩瀬郡天栄村湯本字二俣7

  • 露天風呂

  • 春外観

  • ロビー

  • 綿雲

  • 春露天

  • 内風呂

ブナの恵み、静謐な山の一夜

優しげに寄りそう双耳峰、二岐山東麓の、山深い静寂にいだかれるブナ山荘。
珍しい宿の名の由来をたずねると、40年ほど前、二岐山でブナの原生林がすべて伐採されようとしていたという。ブナを守るため、本館の宿主はみずから保護運動をおこし、数十年も地元の人とともに、命懸けで原生林を守ったという。「ブナの原生林をいま守らなくちゃならない。ブナが山を守り山の動植物を育む。ブナの保水力がたくわえた雨水が、何十年という歳月をへて温泉となって湧き出てきているんだ」そんな当時の想いがこめられた宿だと。「あのときブナの森を皆伐していたら、温泉はいまごろ枯渇しいたでしょう。ブナは母なる樹。自然を守り、温泉を守る。温泉は人間に限りないパワーを与えてくれます」とスタッフは笑顔で語った。額縁のような山の自然。気持ちのいい露天風呂だ。源泉かけ流しの温泉の威力にしみじみと、ブナの恵みが身体いっぱいにしみこんで…宿の魂までが響いてじんときた。
夕げは山の幸もいろどり美しく絶品、料金以上だ。モダンな和の部屋に布団は敷きっぱなしで、ぞんぶんに旅の疲れが癒された。人界を忘るる静けさを友に…。読書三昧や静養で二泊もいい。翌日は少し遠出して二岐渓谷ぞいの御鍋神社へ。ブナの緑梢うつくしい散歩は心洗われ、生き帰る。緑の絶佳。

温泉情報

浴槽 内湯:2  露天:2
温泉使用量(リットル/分) 29
源泉温度(度) 29.5
加水・加温・減温の有無 加温あり
泉質 単純温泉
利用形態 給湯口源泉・浴槽循環加温
温泉情報備考 適応症:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、
     慢性消化器病、痔病、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進
禁忌症:急性疾患(特に熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、
     呼吸不全、腎不全、出血性疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患、
     妊娠中(特に初期と末期)

施設情報

建物
鉄筋・木造

施設設備

エレベーター
×
冷房
暖房
トイレ
洋式
ウォッシュレット

客室数

露天風呂付
0室
バス・トイレ付
0室
トイレ付
3室
トイレ無
9室
合計
12室

アメニティ

ハンドタオル
×
ボディソープ
ドライヤー
温水洗浄トイレ
×
歯ブラシ・歯磨き粉
石けん
羽毛布団
×
くし・ブラシ
×
バスタオル
浴衣
髭剃り
バストイレ別
×
シャンプー
パジャマ
×
シャワーキャップ
×
リンス
バスローブ
×
綿棒
×
パジャマ(ズボン付き)
×
パジャマ(シャツのみ)
×
シャワー独立
×
スリッパ
×
テレビ

身障者用施設

客室対応
×
車椅子対応
×
トイレ対応
×

・建物は鉄骨3階建(山荘風建物)になっております。
・客室は和風ベットタイプフローリング又はカーペットです(和風ベットトイレ付3室、和風ベットトイレなし5室、カーペットトイレ無し 4室)。
・シャンプーリンス、ボディーソープ、ドライヤー、シャワーキャップ、髭剃りは脱衣所、風呂場にあります。
・子供用の浴衣等はありません。 

ご利用案内

施設名 二岐温泉 大丸あすなろ荘別館 ブナ山荘
住所 〒962-0621 福島県岩瀬郡天栄村湯本字二俣7 [→MAP]
所属協会 日本秘湯を守る会 
営業期間 通年営業
標準宿泊料金 13,110円〜16,350円(1室2名様 朝夕食付サ込税込の1名料金)
1名様の予約
標準チェックイン時刻 15:00
標準チェックアウト時刻 10:00
夕食食事場所 食事処(ブナ亭)
朝食食事場所 食事処(ブナ亭)
クレジットカード ×
携帯電話送受信 ×
ペット ×
日帰入浴
 日帰入浴営業時間
 日帰入浴大人料金(税込)
 日帰入浴子供料金(税込)
 日帰入浴昼食

10:00 〜 15:00
756円
540円
×
湯治対応 ×
ご利用案内備考 ・土曜、祝前日、ゴールデンウィーク、お盆、お正月等料金は1,080円(税込)増しです。