日本秘湯を守る会

紅葉館

こうようかん

  • 秘湯

〒377-1614 群馬県吾妻郡嬬恋村田代681

  • 鹿沢温泉

  • 鹿沢温泉

  • 鹿沢温泉

100の石仏に導かれて行く宿

鹿沢温泉は鎌倉時代から開けた古い湯治場である。その歴史を示すように、信州の滋野から地蔵峠を越える道端に点々と観音像が刻まれ、紅葉館のところが百番観音である。
いにしえの人々はこの観音に導かれて湯の里を訪ねたのであろう。昔はにぎわった鹿沢も大正7年の大火で焼失し、今は湯元の紅葉館がただ一軒昔ながらの営みを守っている。
玄関のたたずまいや建物も、大正年間の建物を補修して使っているので、如何にも秘境ムードの残る宿である。温泉は一段と低い所に木枠で作られているが、自噴の湯を受けるために低くしたものらしい。45度の土類性のアルカリ泉である。
ここは海抜1530㍍。カラマツやネムの樹間を吹く風もさわやかである。宿の裏を流れるせせらぎの水音とこずえから聞こえる小鳥の声が自然のシンフォニー。まさしく山あいの一軒宿である。四代目の小林康章さん夫妻が、宿の何から何迄取りし切っているだけにあまりおせじを知らない宿である。
6月下旬は、すぐ上の湯の丸高原の天然記念物のレンゲツツジが紅に燃え、7、8月は湯の丸林道の中間にある池の平に、シャクナゲ、コマクサ、アヤメ、マツムシソウなど高山植物が咲き競うので、山歩きの好きな人にはまたとない自然環境の秘湯である。

温泉情報

浴槽 内湯:2  露天:0
温泉使用量(リットル/分) 60
源泉温度(度) 47
加水・加温・減温の有無 加水・加温なし
泉質 マグネシウム・ナトリウム-炭酸水素塩泉
利用形態 源泉かけ流し
温泉情報備考  

施設情報

建物
木造 2階建

施設設備

エレベーター
×
冷房
×
暖房
トイレ
洋式
ウォッシュレット

客室数

露天風呂付
0室
バス・トイレ付
0室
トイレ付
10室
トイレ無
0室
合計
10室

アメニティ

ハンドタオル
ボディソープ
ドライヤー
温水洗浄トイレ
歯ブラシ・歯磨き粉
石けん
羽毛布団
くし・ブラシ
×
バスタオル
浴衣
髭剃り
バストイレ別
×
シャンプー
パジャマ
×
シャワーキャップ
×
リンス
バスローブ
×
綿棒
×
パジャマ(ズボン付き)
×
パジャマ(シャツのみ)
×
シャワー独立
スリッパ
テレビ

身障者用施設

客室対応
×
車椅子対応
×
トイレ対応
×

売店、自動販売機はございません。

ご利用案内

施設名 鹿沢温泉 紅葉館
住所 〒377-1614 群馬県吾妻郡嬬恋村田代681 [→MAP]
所属協会 日本秘湯を守る会 
営業期間 通年営業
標準宿泊料金 12,250円〜19,590円(1室2名様 朝夕食付サ込税込の1名料金)
1名様の予約
標準チェックイン時刻 15:00
標準チェックアウト時刻 10:00
夕食食事場所 食堂
朝食食事場所 食堂
クレジットカード VISA、JCB
携帯電話送受信
ペット ×
日帰入浴
 日帰入浴営業時間
 日帰入浴大人料金(税込)
 日帰入浴子供料金(税込)
 日帰入浴昼食

10:00 〜 16:00
500円
500円
湯治対応 ×
ご利用案内備考